人気ブログランキング |

笠原中央公民館 スタッフのつぶやき

kasapub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:図書新刊案内( 70 )

10月の新刊本 その5

11月から、笠原図書館のブログを新しく作りました。
新刊本の紹介もそちらで行っています。
新しいブログへはこちらをクリックしてください。



☆   お料理上手と思われる持ちより&さし入れレシピ   馬場 香織 著
お料理を持ち寄る女子会や、差し入れにぴったりなお料理を集めたレシピの本です。

肉料理からお寿司、デザートまで、お料理の種類は色々です。
冷めてもおいしいうえに、普段の食事でも食べたくなるお料理ばかりなので
ぜひ一度見てみてください。

おしゃれな包装や持ち運びのアイディアも役に立ちます。


☆   失敗したって、いいんだよ   志茂田 景樹 著
仕事、恋愛、人間関係など、それぞれの悩みを抱えている人へ。

「半分やれたら、これでよし」
「みんなに好かれようとしないでいいの」

違った面からみれば、ほんの少し悩みが軽くなるかもしれません。
そんな、希望をつくるための40の言葉がつまっています。


☆ 小さいのが大きくて、大きいのが小さかったら  作 エビ・ナウマン  絵 ディーター・ヴィースミュラー
もし小さな生き物が大きくなって、大きな生き物が小さくなったら、
どんな世界になるだろう?

猫とねずみ、にわとりとミミズ、狩人とうさぎなど、
いろいろな動物の大きさが入れ替わります。

もしそんな世界だったら、ねずみが猫を怖がらなくなるかも?


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら

笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-10-30 18:00 | 図書新刊案内

10月の新刊本 その4

☆   日本、買います   平野 秀樹 著
「幽霊地主」の増加、外資による土地買収の横行など、
日本が抱える土地問題の実態を示します。

土地問題は地主だけに関係のある問題ではありません。
近所の山や野原を守るためにできること、国がすべきことがこの本で提言されています。


☆   ソクラテスと朝食を   ロバート・ロウランド・スミス 著
目覚める、身支度をする、風呂に入る、テレビを見る…。
こんな、身近な行動から、哲学を始めてみませんか。

日常的な行動の哲学的意味を解き明かしていく本です。
身近な行動だけを扱っているので、イメージがしやすいと思います。

哲学の入門書としてどうぞ。


☆   うれないやきそばパン    作 富永 まい  絵 いぬんこ
これは、ふるいふるいパン屋さんでのお話です。

おじいさんが作っているパンはあまり売れず、
そのなかでもやきそばパンはひとつも売れませんでした。
そこでおじいさんは、今はやりのデニッシュをつくることにしました。

大人気になったデニッシュのために、やきそばパンは店を出ていく決意をします…。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-10-23 12:01 | 図書新刊案内

10月の新刊本 その3

☆   日本人の遺伝子   徳川 恒孝 著
細胞の中にある遺伝子とは関係のない、歴史と文化の本です。

日本の歴史をたどり外国と比較しながら、
日本人の持つ文化や美徳について考察しています。
自分のルーツを知ることで自分らしさ、日本人らしさが見えてくるかもしれません。

年表が全く出てこない、親しみやすい歴史書です。


☆   へんてこサーカス    絵 フィリケ えつこ
不思議なサーカスがはじまります!
垂直な壁をはねるウサギ、平均台を上手にわたる犬たち。
ようく見ると、なんだか少しおかしいかも?

だまし絵を楽しむために描かれた、文字のない絵本です。
小さな子には気づきにくいだまし絵もあるので、ご一緒に探してみてください。

それぞれのだまし絵の見かたの解説は最後のほうに載っています。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-10-16 13:27 | 図書新刊案内

10月の新刊本 その2

☆   絵手紙の年賀状   絵手紙いずみの会 著
来年の年賀状に使える絵手紙の本が、今年も入りました。

玩具などをもとにかわいく描かれている蛇の絵や、
どの都市でも使える絵もたくさん載っています。

そろそろ年賀状の準備を始めたい方、
いつもと違う、手書きの年賀状を書きたい方におすすめの本です。

絵手紙の本はほかにもありますので、そちらもどうぞ。


☆   よくわかる元素図鑑   左巻 健男、田中 陵二 著
現在確認されているすべての元素について説明されています。

固体の元素の結晶の写真がとてもきれいなので
ぱらぱらとページをめくるだけでも楽しめる本です。

私たちの生活に元素がどのように使われているのか、
解説がわかりやすいので興味が持てます。


☆   月の満ちかけ絵本    文 大枝 史郎 絵 佐藤 みき
月の満ちかけのしくみをわかりやすく説明している本です。

月のかたちごとに付けられた昔の呼び方や、潮の満ち引きとの関係など、
文化的にも科学的にも、いろいろな面から月について学ぶことができます。

この本で子どもと月について学んだあとは、一緒に月を見上げてみてください。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-10-09 12:38 | 図書新刊案内

10月の新刊本

☆   いちばんやさしい古事記の本   山本 明 著
「古事記」の各話のあらすじを、舞台となった場所の現在の写真や地図、
登場人物の系譜図や豆知識とともに紹介しています。
「古事記」の世界がぐっとイメージしやすくなる一冊です。

この本を単体で読むのもおもしろいですし、
「古事記」の現代語訳の本を読むときの解説書としても使えます。


☆   震える学校   山脇 由貴子 著
なぜいじめが起きるのか、なぜ学校はいじめを隠そうとするのか。

生徒、教師など当事者の心理を探ることで
いじめの構造を解明しようと試みている本です。

生徒から教師へのいじめ、ネットを使った中傷など。
現代のいじめの構造と解決法を模索しています。


☆   いちじくにんじん    絵 ごんもり なつこ
いちじく、にんじん、さんしょに、しいたけ・・・。
古くから歌われてきたかぞえ唄の中でもっともポピュラーな歌の絵本です。

細かいところまで精密に描かれたきれいな絵なので、
歌の中に出てくるのがどんな野菜なのかを、子どもに教えることができます。

これとは違う歌で育った方は、そちらの歌も一緒に歌ってあげてください。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-10-02 15:30 | 図書新刊案内

9月の新刊本 その4

☆   公的年金が当てにできない世代の「自分年金」のつくりかた   方波見 寧 著
タイトルのとおり、公的年金が減らされる、または
十分にもらえなくなるかもしれない30~40代のための本です。

「なぜ景気が良くならないか」から、不景気でも利益の出る投資法まで
図付きで分かりやすく解説されています。
月々3~5万で始められる投資法も紹介されています。

30年後の資産を投資で増やしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


☆   完全図解 誰でもカンタンにできる「結び方・しばり方」の便利事典   悠々ライフスタイル研究会 著
かなり奥の深い「結び方・しばり方」の世界。
そのうちの、日常生活でも使える155通りの結び方が載っている事典が入りました。

イヤホン、コード類のまとめ方から、靴ひものほどけにくい結び方、スカーフの巻き方まで。
スカーフやネクタイは自分の向きで解説されているのでわかりやすいです。

今まで知らなかったけど、使うと便利な結び方が見つかるかもしれません。


☆   りんご畑の12か月    作 松本 猛  絵 中武 ひでみつ
安曇野でりんごを育てているおじちゃんから、甥っ子のだいちゃんへ。
りんごのお世話について、一年間のようすが手紙でつづられています。

おいしそうなりんごも青々とした葉っぱも、とても鮮やかな色で描かれています。

いつも食べているりんごがどのように作られているか、
どんな苦労のある仕事なのかを子どもに伝えられる絵本です。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-09-26 12:14 | 図書新刊案内

9月の新刊本 その3

☆   パラリンピックからの贈りもの   平山 譲 著
パラリンピックに出場する選手の本が入りました。

障害をもち、悲しみや苦しみの中にいた人たちが
スポーツに出会い、パラリンピックという「可能性」に挑んでいく
7つの実話が収録されています。

先日終わったばかりのパラリンピックの舞台裏の物語をぜひ読んでみてください。


☆   こころやさしいワニ    作 ルチーア・パンツィエーリ 絵 アントン・ジョナータ・フェッラーリ
あるところに、とてもおっかない顔のワニがいました。
顔を見るとみんなが逃げてしまうような、こわい顔でした。
でも実は、とてもやさしい心をもったワニだったのです。

こわがられずに、子どもたちといっしょに遊びたい。
いっしょに暮らしてみたい。

そう願ったワニは、昼間は絵本にもぐり込み、
夜中になると家族のためにせっせとはたらきはじめました。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-09-18 12:33 | 図書新刊案内

9月の新刊本 その2

☆   Google Earthで行く火星旅行   後藤 和久、小松 吾郎 著
近い将来、旅行で火星に行けるようになるかもしれない。
そんな未来を想像して、この本で火星の探検をしてみてはどうでしょうか。

太陽系最大の火山や、日本列島を飲み込むほどのクレーターなど、
火星の名所のガイドが写真付きでついています。

Google Earthでの火星画像の見方が巻末に掲載されていますので、
この本で火星に興味を持った方はそちらもどうぞ。


☆   おもかげ復元師    笹原 留似子 著
亡くなった方を笑顔に戻し、遺族の方が死を受け入れやすいようにする。
そんな仕事をしている納棺師の方が書いた本です。

日常の仕事で思うことのほかに、東日本大震災後のボランティア活動を通じて
感じたこと、伝えたいことがつづられています。

死とはなにか、どういうものなのか。
直接触れている方から見た、生の声です。


☆   れんけつガッチャン    作 こぐれ けいすけ 
おさるのでんしゃ、コトンコトンコトン。
オーライ、オーライ、れんけつ・・・ガッチャン。

楽しいかけ声や音とともに、おさるの電車がいろいろな乗りものと連結します。

ダチョウの特急、チーターの新幹線・・・
つぎつぎと先頭の乗りものを変えて、電車はどこに行くのでしょうか。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-09-11 16:25 | 図書新刊案内

9月の新刊本

☆   ガイドブックにぜったい載らない海外パック旅行の遊び方・歩き方   佐藤 治彦 著
海外旅行を満足に、楽しく過ごすためのテクニックが書かれた本です。

「美食の国では食事つきのツアーを選ばない」
「機内でトイレに行くのは飲み物を配り終わってから」

などなど、海外旅行マニアの著者ならではのコツが満載です。
海外旅行を計画している方はぜひ目を通してみてください。


☆   スマートフォン使いこなしガイド    スタンダーズ株式会社 著
はじめてスマートフォンを持つ、という人のための入門書です。
いちばん基本的な画面の触れ方から
あると役立つアプリの紹介まで載っています。

スマホの使い方に困ったとき、もっと便利に使いたいとき
目次から知りたい項目だけを引いて、説明書のように使うこともできます。


☆   けん玉の技123    日本けん玉協会 著
1000以上あるといわれているけん玉の技の中から
123種類の技が厳選されました。

皿に乗せたりけん先に玉をはめるだけがけん玉ではありません。
乗せ方、乗せる順番によって技になります。

かなり奥が深いけん玉の世界を楽しんでみてください。
また、子どもとけん玉で遊ぶ前の練習にも役立つ本です。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-09-04 13:06 | 図書新刊案内

8月の新刊本 その2

☆   こんなに使えるヨーグルトのレシピ   ほりえ さちこ 著
体にいいことはわかっているけれど、
毎日そのまま食べていると飽きてしまう、ヨーグルト。
そんなヨーグルトをお料理に生かすアイディアがつまった本です。

チーズケーキやパスタでチーズの代わりに使ったり、
ヨーグルトの漬物、さらにはヨーグルトを使ったお寿司なんてものもあります。


☆   <整理・勉強・手帳・ノート>の100円ショップ文具術    文房具朝食会 著
とにかく品数の多い100円ショップ。
この本では、その中でも文具の使い方を紹介しています。

まな板立てがパソコンのキーボード立てになったり
本来の用途を超えた使い方もあるので、ぜひ一度ご覧ください。
100円グッズをちょっと工夫して使えば、きっと勉強机や仕事机がすっきりします。


☆   さがしています    作 アーサー・ビナード  写真 岡倉 禎志
ピカドンを体験した、声なき「もの」たちが、さがしています。
その「もの」たちを使っていた、大切なひとたちを。

広島の平和記念資料館に保管されている14の「もの」たちから
原子爆弾や戦争について振り返ります。

絵本ですが、大人の方にも見てもらいたい一冊です。
読み聞かせをする方は、お子さんと一緒に戦争について考えてみてください。


このほかにもたくさんの新刊が入りました
新刊情報をご覧ください


新刊の情報は、こちら


笠原中央公民館の図書館分館の情報は、こちら
by kasa_pub | 2012-08-28 14:47 | 図書新刊案内